2011年09月14日

ロジャー・ウォーターズというベーシスト



ロジャー・ウォーターズは、ピンク・フロイドのコンセプトメーカーであり、作詞家であり、作曲家であった。つまりはフロイドの心とも頭とも言えるだろう。

しかし、その一方で演奏家・歌手としてのイメージは希薄である。

ウォーターズがフロイドにおいて、極めて重要な役割を果たしているにも関わらず、「演奏するバンド」としてのフロイドにとって、彼の存在感は割と薄い。

その証拠に、ウォーターズが脱退した後のフロイドは、誰が聞いてもフロイドで在り続けているのに対し、ウォーターズのバンドは、スノーイー・ホワイトなど、ギルモアのような音色、フレーズのギタリストをメインに据えなければ、ある意味、成り立っていない(客が喜ばない)からだ。それは冒頭の動画、ウォーターズ・バンドの「DOGS」を見てもよくわかるだろう。

結局、サウンド面での「フロイドらしさ」を一手に掌握しているのはギルモアである。いかにアルバム制作において、ウォーターズがイニシアチブを握ろうが、ライブにおいてはコンセプトよりもサウンドにおける「フロイドらしさ」が大きな比重を占めているし、客(私も含めて)が求めるのもそこなのだ。

海賊版のライブなどを聴くと、スタジオ版でウォーターズが歌っているパートを、しばしばギルモアが歌っているのに気付く。どこかのインタビューで、ウォーターズが「自分の声が悪いのは、分かってるよ!」みたいなことを、自嘲気味に話していたのを覚えているが、あまり歌うことに執着していないのかもしれない(但し、自身の思い入れがたっぷりの『ウォール』と『ファイナルカット』は別だが)。

ミュージシャンのタイプとしては、ウォーターズはライブ優位タイプではなく、スタジオにこもって音を創り上げていくクリエイト優位タイプなのかもしれない。

で、もうひとつの彼の演奏楽器--ベースについては、特に特徴的でもないベースだと思っていただが、ここしばらく、私が参加しているバンド「MEDDLE」でフロイドを演奏することもあって、彼のベースをよく聞くと、どうも一筋縄ではいかない、意外と曲者のような気がするのだ。

確かに実際、すごくオーソドックスなベースラインで、ルートと5度とオクターブを基本に、それらの間を行ったり来たりするだけなので、わかりやすい(「つまらん」とも言える)のは間違いない。

しかし、海賊版の演奏などを聞けば、ちょっと「あれ?」と思うことが多い。歌をギルモアに任せて、結構、好き勝手に音数を増やして弾いているのだ。

「MEDDLE」の次の課題曲が「DOGS」なので、Youtubeなどで「DOGS」のいろんなライブ演奏を聴いてみるのだけど、正規のスタジオ版では1小節に白玉1個みたいなところで、4音、6音とオカズを入れていたりするのだ。意外に、自由闊達に弾くベーシストなのである。

ところが、この冒頭の「DOGS」のライブ演奏をみていると、あまり自由闊達に弾いているフシは伺えない(歳を取ったからかもしれないが)。

ここから推測されることは、ウォーターズと言う人は、テレビやオーディオの前で楽しむ作品として残すもの(スタジオ版と正規のライブ演奏版など)については、あまり演奏家として自己主張せず、むしろバンド全体のプロデューサーとして、まとまりのあるものを創ることに専念する。

しかし、そもそも作品として記録することを考えていない、その場でその時に楽しむライブ演奏では、ベーシストとして遊ぶという姿勢が徹底しているのだろう。

こう考えると、ベーシストとしてのウォーターズの本質は、なかなか実際のライブに行かないとわからないのかもしれない。これが、ウォーターズを「曲者ベーシスト」と考える所以なのである。

で、私も最終的にライブで弾くことを目指している以上は、ライブ演奏の”曲者さ”を追求したいのだが・・・、練習まであと1週間ちょっと。ちゃんとモノにできますかどうか・・・。まぁせいぜい、頑張ります。

posted by taney at 17:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
ロジャー・ウォーターズは、ソロアルバムを聞いても、ピンク・フロイドの「ファイナル・カット」を聞いても、リズム・ギタリストとして、卓越している部分があると思います。そういう、ウォーターズの見方はあまりされません。

自分のブログで、ロジャー・ウォーターズについていくつか言及があり、searchかtagでウォーターズについてのいくつかの記事が見ることができますので、よろしければ、読みにいらしてください。
Posted by enneagram at 2012年06月04日 05:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47928699

この記事へのトラックバック