2011年07月26日

”クセ”になる曲

腐りかけの臭いチーズとか、あるいはホヤなんかを最初に食べた時に、「何や、これっ! クサっ!」とか言って嫌悪したものの、後になって不思議と食べたくなってきて、気がつけば病みつきなってる、ということがある。

実は音楽にもそういうのがあって、私にとってその代表格がソフト・マシーンの「6月の月(Moon in June)」なのである。

最初に聞いた時・・・高校の時だっかた・・・「何っ、これ?」という感じで全く訳がわからなかったのだが、そのうち、何故だか時々聴きたくなることがあって聴き返しているうちに、定期的に聴かなければ済まない身体(?)になっていたという・・・。

「6月の月」の何がヘンかと言うと・・・。

まぁ通常の曲というのは、だいたいが「A→A→B→A」とか、「A→B→A→B→C→A→B」というような構成がちゃんとあるものだ(と思いこんでいるのだが)。

だから「このテーマ部、心に残るよね」とか「繰り返しのサビのメロディがイイね」などという感想も生まれようというものだ。

しかし、この「6月の月」、あえて構成を書けば「A→B→C→D→E→F・・・」というような感じ。その間、テンポもキーもコロコロ変わるし、ひと言で言えば「取りとめがない」。しかも20分ぐらいあるし(後半約1/4ほどはサックスがメインのインストになるけど)。

下記を一度聴いてもらえれば、よくわかると思う(ちなみに、前半のみです)。



普通だったら、こんな取りとめのない曲、一度聴いたら「もうたくさん」となるのだろうが、さすがにソフト・マシーンというか、ロバート・ワイアットというか、私にとっては実に魅力にあふれている曲なのである。

その魅力とは臭いニオイの中に、本能の奥の奥を刺激するかのような芳しい香りを見つけるようなもの。それは例えばワイアットの上手い下手を超越したボーカルであったり、ヒュー・ホッパーの独特のベースであったり、マイク・ラトリッジのキーボードの何気ない音であったり・・・。

この渾然一体となった中に、どういようもない麻薬的な魅力を見出すことができる、そんな曲なのである。

ところで、このブログを書いていてふと思ったのだけど、なんで曲は「曲」って言うのかね? 何たって、「曲がる」ですよ、「曲がる」。それがなぜ、音楽の言葉に?

ソフト・マシーンの「6月の月」という曲、確かに「曲者=”クセ”もの」には違いない。
posted by taney at 10:04| Comment(7) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
曲は、なぜ曲なのか。うーむ、確かにそうだ、と思ったので、質問してみた。結果は、いかに。http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=1467412669
Posted by iri at 2011年07月26日 14:01
西九条にソフト・マシーンってライブハウスがあるけど、ここから採ったんやね。

この曲、最初の10秒しか聴けませんでした。
Posted by mizocchi at 2011年07月26日 14:54
iriさま
ありがとうございます。

なぜ「曲」を「曲」と言うか?
それは音楽なんてやってる奴ぁ、みんな心がひん曲がってるからだよ。。。なんてね。

でも、どなたかマジメに答えてくれたらいいのにねぇ。
Posted by taney at 2011年07月26日 17:11
Mizocchiさま

ありがとうございます。

たった10秒でも、恋に落ちるには充分過ぎる時間なんだよ。
Posted by taney at 2011年07月26日 17:13
その後「面白い質問だけど、ジャンルを変えてみたら?」というアドバイスがあったので(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=1467412669)、再度質問をアップしてみた(http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=1268494607)。乞うご期待。
Posted by iri at 2011年08月09日 15:22
なるほど、納得!そうだったのか。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=1068574425

「6月の月」は、まさに「曲」なわけだ。
Posted by iri at 2011年08月11日 11:53
iriさま

おぉ、すいません、全然、見てなくて・・・。

回答、読みました。なるほどね。確かに変化に飛んでいる「6月の月」は、曲以外の何物でもないということですなぁ。

やっぱり曲者なんやね。

ありがとう! またあそこで、一杯やりましょう!
Posted by taney at 2011年08月17日 17:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46962022

この記事へのトラックバック