2011年06月22日

オーヴァー・ダビング

高校の時、マイク・オールドフィールドの『チューブラベルズ』を聴いて触発され、オーヴァー・ダビング、つまり多重録音に凝った時期がある。といっても1970年代中ごろの話で、いわゆるMTR(マルチトラックレコーダー)なんてない時代の話である。

MIC端子が左右独立したカセットデッキとモノラルのテレコの2台を使って、今から考えるとアホのような方法でやっていた。

まず、デッキに基本となる音(たいていはリズムギター)を録音する。

録音したテープを、今度はテレコにセットする。それからテレコのイヤホン端子とデッキのMIC端子をコードを使って接続。

デッキのもう片方のMIC端子にマイクを接続。デッキのRECボタンを押すと同時に、テレコの再生ボタンを押し、ダビングスタート。

デッキに接続したヘッドホンでテレコからの再生音を聴きながら、新たな音(リードギターと歌など)をマイクに向かって入れる。

これを幾度か繰り返すことによって、オーヴァーダブを行っていたのだ。まぁ、こんなだから録音状態は悪い。しかもデッキとテレコのワウフラッターが違うもんだから、音程も微妙にズレていくという・・・。

一番最後に録音した音が片チャンネルを占め、それ以外の全ての音は、もう片チャンネルに押しこまれているという。非常にヘンなステレオ録音であったが、それでもオーヴァー・ダビングできたことがうれしくて、友達に聴かせまくっていたっけ・・・。1970年代の奈良の田舎の音楽少年は、こうやって自作曲づくりに励んでいたのでした。

で、今日ご紹介するのは、かつての奈良の田舎の音楽少年の心に火を点けた(Light My Fireという感じですね)マイク・オールドフィールドの『チューブラベルズ』のスタジオライブ映像。



昔、近畿放送(現:KBS京都)でやっていた『ポップス・イン・ピクチャー』という、日本のMTVのはしりのような番組で見た記憶があって、「すげぇなぁ〜」と感動したものである。

しかも当時はわからなかったのだが、今観ればカンタベリー系の大物ミュージシャンがメジロ押しなのである。

パーソネルを列挙すると・・・

作編曲、アコースティックギター&ベースは、言うまでもなくマイク・オールドフィールド。当時まだ20歳前の青年である。

ギターは、スティーブ・ヒレッジ(ゴングなど)、ミック・テイラー(ローリング・ストーンズ)。ギターとベースにフレッド・フリス(ヘンリー・カウ)。

キーボードとギター、ベース:ジョン・グリーブス(よく知らない・・・)。そしてキーボードにティム・ホジキンソン(ヘンリー・カウ)とマイク・ラトリッジ(ソフト・マシーン)。おまけにオーボエがカール・ジェンキンス(ソフト・マシーン)とは! 今やイギリス音楽界の大物!

さらにパーカッションはピエール・ムーラン(ゴング)。後期ゴングを支えてた人ですよね?

その他、フルートにジョン・フィールド、テリー・オールドフィールド(親戚か?)、ジェフ・リー。

ここにミック・テイラーが居るのが面白いですな。彼らしいと言えば、彼らしいけど。

これは歴史的なセッションなんだろうと思う。これがいつでも自由に見られる時代になって、私は本当にうれしい。
posted by taney at 21:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
へー、そうなんや。全然知らんかった。みんなそのへんのミュージシャンやと思うてた。

というか、タネイがカンタベリー系を聞いてたというのも意外な感じ・・でもないか。

ちなみに、ミックテイラーは、ゴングのアルバム「EXPRESSO II」にも(なぜか)参加してるよ。つきあいあったんやね。
Posted by iri at 2011年06月23日 14:45
iriさま、コメントありがとうございます。

>というか、タネイがカンタベリー系を聞いてたというのも意外な感じ・・でもないか。

ソフト・マシーンが、高校の頃から好きやったし、その流れからカンタベリー系は入るという感じでしょうね。まぁジャズ・ロックも割と聞いてたから。まぁ、意外ではないと(自分では)思うな。

ミック・テイラーは面白い人やね。確かにゴングともやってますね。ジョン・メイオールなんかとやったり、ジャック・ブルースとやったり、ディランとやったり。節操ない。こういう人、ボクはすごく好きですけど(笑)。

カンタベリー系がこのビデオでバックを務めているのは、当時、ヴァージンレコードがヘンリーカウとか、その辺のバンドと契約してて(チューブラベルズのヒットで、前衛的なロックが売れると勘違いしたみたい?)、その関係上からですね(チューブラベルズは、ヴァージンレーベルの初リリース作)。

ところでフレッド・フリスなんてセーター着てて、あまりロック・ミュージシャンに見えないのが良いですね(笑)。

ミック・テイラーはたぶん、ヴァージンの社長だったリチャード・ブランソンが話題づくりのために読んだんだと思う。

またよろしく〜。
Posted by taney at 2011年06月23日 15:41
「ポップス・イン・ピクチャー」高校生の頃よく見てましたわ。ある日ひつこく繋がるまで電話をかけまくってたら、
いきなりおばはんの声で「何回もかけんといて!!」って怒られまして、うちのエリアはまだ交換手が手動でやってるのかとそっちがかなり驚きでしたね。
レゲエとニューウエーブばかり見てましたね/
Posted by でび at 2011年06月24日 16:36
でびさま

>レゲエとニューウエーブばかり見てましたね

ボクが見てたのは、レゲエとかニューウエーブが出るず〜〜〜と前。
どんだけ最近やねん。やっぱり歳の差感じますな〜。

でも、そう言いつつ・・・

>うちのエリアはまだ交換手が手動でやってるのかと

って、どんなエリアやねん、H県K郡。

またよろしくお願いします!
Posted by taney at 2011年06月24日 17:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46206242

この記事へのトラックバック