2011年06月07日

ジャコパスが、夢に出た

とても不思議なんだけど、この前の日曜、朝遅くまでウダウダ寝ている時に、夢を見た。その夢に、なんと私が敬愛するベーシスト、ジャコ・パストリアスが出てきたのだ。

jaco01.jpg


場所は、どこかわからないけど、ひなびたライブハウス。あるいはむしろ場末のナイトクラブという感じ。うらびれた雰囲気さえ漂っていた。客はわずか20人ぐらいだったと思う。

「ジャコパスも、とうとうこんな場末でやるようになったんか?」と夢の中の私は嘆いている。もうジャコは、全盛期のジャコではないことを、夢の中の私も知っているようだ。

さんざん待たされた揚句、なんかヘンな司会者の紹介で、とうとうジャコが出てくる。客は、私も含め総立ちだ(20人ほどしかいないけど・・・)。

でも、ジャコはなかなか、マトモに弾こうとはしない。ベースに水(?)を掛けたり、酒のコップをボトルネックみたいにして弾いたり・・・。そのたびに、彼のフレットレス・ベースからは、煙のようなものが沸き立って来る。

私は隣の客と話している。「やっぱりジャコは、もうダメなんじゃないかな?」と。

隣の客が言う。「マトモに弾けそうもないもんな」と。

そうこう言っている間に、ジャコは突然、消えてしまう。彼が去った舞台の後ろには大きなディスプレイがあって、CG処理されたみたいなジャコの映像が延々と映っている。

やがて司会者が再び出てきて、第一部が終わったことを告げる。

これが本当のライブなら、客は暴動を起こしそうなもんだが、さすが夢の中というか、誰も文句など言わず、ひたすら「ジャコは凄いよね」みたいなことを言っている。

私も、隣の人と「すごいなぁ、ジャコがこんな目の前で見られたよ」と喜んでいる。でも、同時に「もうジャコはマトモに弾けないんだな」とも語りあっている。

その後、ステージには、ヘタな手品師とか水芸の芸人とか、ヘンなボードビリアンみたいなのが次々と出てくるものの、肝心のジャコは、全く出てこない。

そして、私はそんな芸人たちを見ながら、こう言うのだ。

「そうだよな、ジャコは、ほんのついこの前、死んだばかりなのだから、もう出てこれるはずがないもんな・・・」と。

そして、ここで目が覚めた。

###################

しばらく状況が把握できなかったけど、5分ほどベッドで汗をかきながら寝そべっている間に、ようやく冷静になってきた。そして、一生懸命、考えた。

「ジャコが死んだのって、いつだったっけ?」

もう一人の自分が答えた。「あれは・・・・確か、1987年の9月・・・」。もう24年になるのか!・・・。

そしてジャコがもし生きていたら、今年の12月で60歳・・・。

###################

最近、とんとジャコも聴かなくなってしまったので、怒って出てきたのかな・・・。そうだとしたら、むしろ嬉しいが・・・。

でも、ヘンというか、嬉しいというか、悲しいというか、虚しいというか、さびしいというか、とても奇妙な感覚の残る夢だった。もう一度、見たい気もするけど・・・。

###################

ジャコ・パストリアスをご存じないという方に、彼がどんなベースを弾いていたか紹介します。
私が最も好きで、最も影響を受けた曲(音声のみ)。


posted by taney at 16:30| Comment(11) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
なかなかリアルな夢みるんですねー
昔万博跡地でのジャズのイベントでジャコパス見ましたが
まぁ酔ってたんだか自分のビッグバンドのメンバーのソロに
チャチャ入れたりと、だいぶふざけてメンバーから
疎しいがられてましたねー・・・たぶん夢と変わらないかとw

ジャコパスが名古屋のお堀に自分のベースを
放り投げた話をステージ屋の大道具の知りあいが話してたのを
思い出しますが、真偽のほどは如何に・・・?
Posted by でび at 2011年06月07日 17:19
このジャコの写真、めちゃかっこいいな。俺も、こんなかっこいい天才に生まれたかった。

ちなみに、僕は、リッチーブラックモアの後がまでディープパープルに入って、ハイウエイスターを弾いたことがあります。もちろん、夢やけど(笑)。
Posted by iri at 2011年06月07日 18:55
でびさま

コメント、ありがとうございます。
めっちゃリアルな夢で、自分でも驚いたよ。でも結構、細部まで覚えてて・・・。

>名古屋のお堀に

ボクの記憶によると、それは広島城だと思う。

伝記とか読むと、晩年のジャコは、ホント、無茶苦茶、ズタボロで、ファンとしては本当に心が痛みますね。
Posted by taney at 2011年06月07日 19:28
iriさま

コメントありがとうございます。

この写真、カッコいいでしょ。ボクの一番のお気に入り。載せるの、まずいかもしれんけど。

でも、「ジャコって知らん」という人に、彼がいかにカッコよかったか、知らせたくてね。

でも夢は、何を見ようと自由やから、いろいろでっかいのを見たいよねぇ。
Posted by taney at 2011年06月07日 19:31
すいません、付け加えさせてください。

上のジャコの写真、何が良いかというと、それは「指」。

左手も右手も、指がきれいでしょう。動画をみたら、よ〜くわかるんだけど、あれほど美しい指の動きをするベーシストって、他にいません。指の美しさに、ボクは魅せられたのかもしれない。それほど、ジャコの指の動きは美しい。

機会があったら、みなさん、一度見てください。
Posted by taney at 2011年06月07日 19:39
書き忘れた。

>もう一人の自分が答えた。「あれは・・・・確か、1987年の9月・・・」。

さすが、Taney。僕には絶対できない芸当です。記憶の密度が濃いということは、生きている時間が濃いということかな。これから、年とって、ますます加速度的に時間がすぎて行くんやろうなぁ・・などとたそがれずに、もうちょっと夢見ることにしよう。あ、話題がずれてしまいましたが。では、また。
Posted by iri at 2011年06月07日 19:55
ジャコは2度見たことあります。厚生年金会館でのウェザー・リポートと万博のライブアンダーザスカイでギルエバンスオーケストラの時。万博のジャコがひどかったんです…酔っ払ってたみたいで、立ってるのがやっとこさで、ベースをかきむしってるだけのような感じで、ショックだったのを覚えてます。

死んだ翌年、NYのダウンタウンの日本料理屋で、ジャコの遺体をフロリダまで引き取りに行ったという日本人青年と出会い、いろいろ話を聞かせてもらったことがあります。(ジャコの遺体の股間(?)はつぶれてた…とか)

ところで、“Jaco Pastorius Modern Electric Bass ”で晩年だけど酔っ払ってないジャコの演奏見れますよ。(YouTubeにもあります)

Posted by びっけパパ at 2011年06月08日 06:58
(確認の前に書き込み押してしまったんで…もう少し)
ホントにtaneyさんがそこまでリアルな夢を見るなんてそこまで好きだったということですよね。羨ましいくらいです。ボク自身、ベース弾いててほんの少しでもジャコの様には弾けないし、好きだけどどこかコンプレックスから避けてたような自分がありましたよ。最近この歳になって素直に聞けるかなって感じです。
Posted by びっけパパ at 2011年06月08日 07:10
あの年は、会社の創立パーティーで演奏したり、結構、思い出深い年だったので、記憶に残っている。死亡のニュースを知ったのは、プレイオフで飲みながら朝日新聞読んだ時だったよ。
今でもよく憶えてる。
Posted by taney at 2011年06月08日 08:45
びっけパパさま

ありがとうございます。
いや〜こんな夢見るなんて、自分でも不思議です。ましてや今頃になって。ジャコのビデオは一応、持ってます。全然、できない宝の持ち腐れだけど(^_^)
そうですか。。。股間もですか。。。左腕と片目も潰れてたそうですね。
ホントに惜しいし、口惜しいですね。
ありがとうございました。
Posted by taney at 2011年06月08日 08:52
びっけパパさま
(追記です。先程のコメントは携帯からで、どうも入力しづらくて・・・)

>好きだけどどこかコンプレックスから避けてたような自分がありましたよ

びっけパパさんのお気持ち、ボクも凄くよくわかります。

ボクも実は「ジャコが好き」と口ではいいつつ、結局Facebookとかmixiの「好きな音楽」のところでは、ディラン、クリムゾンやフロイドは挙げてるけど、ジャコは挙げてない(笑)

「ロクにジャコの曲、1曲も弾けた試しがないのに、『好き』と公言するのは、憚れる」という気持ちからです。

ベーシストって多かれ少なかれ、ジャコに対しては、そんな気持ちを持っているんじゃないかなぁ。

でも最近、このブログ見てもお判りいただけるように、すごく「ベース回帰」してて、びっけパパさんと同じように、この歳になって素直に聴けているのかもしれませんね。
Posted by taney at 2011年06月08日 13:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45783505

この記事へのトラックバック