2011年06月06日

ロイ・バビントンとフェンダー・ベースVI

たぶん「ロイ・バビントンって誰?」という人がほとんどだろうが、もしバビントンを知っているとすれば、それはソフト・マシーンやカンタベリー系のコアなファンに違いあるまい。

バビントンは、中期のソフツにダブルベースでゲスト参加。正規のベース担当だったヒュー・ホッパー脱退後、正式に加入し、同時期に在籍していたアラン・ホールズワ―スやジョン・エサリッジといった凄腕ギタリストと、丁々発止のプレイを繰り広げていたベーシストである。

最初聴いたときから、音数も多くて非常に"達者"なベースを弾く人だなぁ…という印象があり、ただ個性的かといわれるとそうとも言えず、ホッパーの方がはるかに個性的で魅力的なフレーズを弾いていたように思う(だから"達者"という表現を使ったのだが)。

ソフツの前はミラー兄弟やピップ・パイルの「デリヴァリー」にいたり、ロバート・フリップの盟友でキング・クリムゾンのレコーディングにも参加していたキース・ティペットの「KTG」、あるいはイアン・カーの「ニュークリアス」にもいたそうだから、そういう意味ではイギリスのジャズ・ロック界で相当なキャリアを積んでいる人である。

だから、確かに上手い。それは間違いない。でも、何かそれだけなんだよな〜〜〜と思っていた。

しかし、Youtubeでバビントン在籍時のソフツの映像が見られるようになって、ぶっとんだことがある。彼が使用しているベースである。何せフェンダーベースVIなのだ。それを物凄いスピードでツーフィンガーで弾いているので、ぶっとんだのである。

↓これがフェンダーベースVI。
fender_bass6.jpg

写真でお判り頂ける通り、フェンダーVIは通常のベース…例えばプレシジョンなど…とは異なり、6弦ベースなのだが、ショートスケールで細い弦を使用する。つまりベースというよりギターである。バリトン・ギターとして使う人もいるほどだ。

というわけなので、ギタリストがたまにベースを弾く時に使ったりすることが多い。

ビートルズの『レット・イット・ビ―』でジョン・レノンが弾いていたベースが、このフェンダーVIである(映画を見れば、すぐわかる)。この例と同様、ポール・マッカートニーがピアノを演奏する際は、ジョージ・ハリソンがフェンダーVIを弾くこともあったようだ。

ギター仕様なので、弦間は狭い。通常のベースでのツーフィンガーに慣れている人にとっては、ちゃんと弾けるものではないと、普通なら思う。

それがバビントンにかかれば…。まぁ試しに以下の2つの動画を見てみてください。

ソフト・マシーン「タリーシンの物語」。ギターは名人ジョン・エサリッジ。


そして、ソフト・マシーン「予期せぬ出来事パート1」。ギターは天才アラン・ホールズワース。


なんでフェンダーVIなんだろうなぁ? ひょっとして手が小さいのか? 指が短いのか? しかし、この人はダブルベースも弾いていて、正統派のジャズなんかも演ってたようだし…。ジャズベでも充分、問題なく弾きこなせるんじゃなないかと思う。

あるいはトレモロアームが好きなのか? まぁ、それで楽器を決める人がいても不思議ではないが…(上記の動画でも、トレモロアームを目いっぱい使ってるし)。

専任ベーシストでフェンダーVIを使っている人、といえばジャック・ブルースがそうで、クリームの時代のビデオとか写真でわかるのだが、下記の動画での「Crossroads」を見ても、メインベースとしてはやはり通常の4弦ベースである。



ザ・フーのジョン・エントウィッスルも使っていたようだが、未見である。しかしどちらにせよ、バビントンのように弾く人は、本当に珍しいと思う。

それがわかってから、それまで単に"上手いけど個性なし"と思っていたバビントンが、急に凄いベーシストに思えてきた。楽器と音楽性は、ホントはちぃと違うんだろうけどね…。

まぁまぁ、ファンというものは、本当に、勝手なものである。でもこれを見て、ちょっとフェンダーVIが欲しくなってきた。
posted by taney at 19:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
あああ・・・ベースわからん・・・でも「Crossroads」かっこええ。大好きな曲っす。
Posted by clutch at 2011年06月06日 23:21
clutchさま

コメント、ありがとうございます。
ジャック・ブルース、最高っす。
Posted by taney at 2011年06月07日 10:52
こんにちは…お久しぶりです。
この日記のタイトル見てちょっとびっくり…なぜなら…最近、雑誌やネットでベース関係見てたら、やたらとこのフェンダーVIにあたり、何なんこれ?って調べてたばかりだったんで…この楽器最近まで知らなかった。
Posted by びっけパパ at 2011年06月08日 07:16
びっけパパさま

ありがとうございます。

最初にこのベース見たのは、高校の時かな、『ミュージックライフ』か『音楽専科』に載っていたクリームの写真で。

「え、なんでジャック・ブルースがギター持ってんの?」といのが始まりでした。

でも昔はネットもないし、なかなかわかんなくて。

その後、映画の『レット・イット・ビー』みたら、「レノンはギター持っているのに、出てくる音がベースになってる?」というところで、ビートルズ関係から調べてみたら、どうもそれがフェンダーの6弦ベースらしい、と分かった次第です。

もう製造されてなくてヴィンテージものばかりで、60万以上するようですけど、ちょっと弾いてみたいですよね。

ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
Posted by taney at 2011年06月08日 13:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45764738

この記事へのトラックバック