2011年02月17日

3位じゃダメなんですか?

いや、3位でもいいと思いますよ、私は。

GDPが中国に抜かれて3位になっても、いいと思います。

これは某大臣がかつて科学技術の先進性に対して「2位じゃダメなんですか?」と言ったのとはワケが違う。

アメリカはいまだに、GDPが日本の3倍ぐらいある。でも、アメリカは日本の3倍、幸福な国なのか? 昨年から、中国は日本より幸福な国になったのか?

高齢者が安心して暮らせる高度な福祉国家と言われるスウェーデンはGDPランキングで22位、デンマークは30位に過ぎない(2009年名目GDPランキング)。関係ないけど、サッカーの日本代表のランキングより下である。

GDPのランキングと生活実感にはズレがあって、日本はずっとアメリカに次ぐ2位といっても、バブル崩壊以後、暮らしの充実感は下がりっ放しに近い。今更3位に落ちたと言われても、まぁ、慌てる必要はない感じがする。

むしろGDPを”荒稼ぎ”している国は、どこか国民に多大な苦役を課しているような気もする。あの国も、この国も、あそこの国も・・・。

幸福に暮らせる国で生きたいものである。
posted by taney at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43464153

この記事へのトラックバック