2007年05月14日

ついに読んだ、マンガ偉人伝『ジョン・レノン』

以前、ブログで書いた、マンガ伝記『ジョン・レノン』であるが、ついに読みました! ちなみに作画は「わたべ淳」である。おー、懐かしいぢゃないか。わたべ淳。レモンなんとかだったっけ? 微妙に似ているレノンが、なかなかいい味であるぞ。

070514_lennon.jpg

で、なぜか、鉄腕アトムがナビゲータだし。商売上手な虫プロだこと。

一度借りた本は、2度と借りないという娘(次女)が、なぜか、もう一度、図書室から借りてきたのである。いったいどうした、我が娘? とりあえず、「明日、本を学校の図書室に返す」と言うので、夜中、酒を飲みながら読んだ。すぐ読めた。なんせマンガだからな。

第一印象。オノ・ヨーコ、可愛すぎ。

オノ・ヨーコだけは、作画をイガラシ ミキオあたりに頼(以下、不穏当な表現になるので略)。

でも、なかなか面白く読めました。すごく上手くまとめていると思う。原作者(わたべ ではない)が上手いのだろう。ベッドインなどのエピソードも、マジメにちゃんと入っているし。小学生に対し、レノンという人物を「刷り込む」には、ちょうどよい内容ではなかろうか。

この伝記で、娘が少々、ジョン・レノンやビートルズに興味を持ってきたのが、嬉しい。

時を同じくして、5歳の息子が、保育園で「オブラ・ディ・オブラ・ダ」の日本語版を教えられて、家でもしょっちゅう、歌いはじめたのであった。歌詞はこんなのだ。

 財産はたいて買った
 こりゃまた(←この一節は、合いの手のように歌う)
 20カラットのダイヤモンド

いやいや、こりゃぁ、なかなか良いではないか。特に「こりゃまた」というのが、いい味を出している。

とにかく、この一節を延々と歌っているのである。

そこで、私はビートルズのオリジナル版「オブラ・ディ・オブラ・ダ」を娘と息子に聞かせたのだが、これが何と言うか、二人にとって大当たりで、最近では、クルマの中でもいつもリクエストである。

この歳になって、こんなに「オブラ・ディ・オブラ・ダ」を聞くとは思わなかったが・・・。

まぁ、5歳の息子にとっては、じきに「オブラ・ディ・オブラ・ダ」も忘れ、他の曲に次々と夢中になっていくんだろうが、少なくとも娘の方は、多少はこのまま、レノンとかビートルズへの興味を持続してもらいたいと思う。私が話ししてやることが、まだまだいっぱいあるのだから。

ところで、ボブ・ディランもそのうち、マンガ偉人伝にラインナップされるのだろうか? その時はやっぱり、作画は「みうら じゅん」なのかなぁ・・・まぁ、「レコ助」書いてる人でもいいけど。
この記事へのコメント
・・・、オノ・ヨーコ可愛すぎ?
じゃぁ、どんなの?
びみょぅ〜に、見たことあるんですよね。
うちゃんも、アトムが、ナビゲーターしてるのは、ギモンに思いますね?
他の人物漫画だってアトム!
あ、言っときますが、うちゃんは、ビートルズで、「ポール・マッカトニー」が好きですね。
Posted by うちゃん at 2007年05月15日 22:27
>うちゃん へ。

そうなんや、ボールが好きなんや?

それから、何ですか、「ぎもんに思いますね?」って。

10歳ぐらいになると、いろいろわかってくるんやな。

ま、ボクとしては、いろいろ楽しみが増えてきました。

では、またね。今度、ゆっくり話そう!
Posted by taney at 2007年05月15日 22:46
あのぉ、ボールなんですか?
ポールではなく?
Posted by うちゃん at 2007年05月16日 18:32
>うちゃん

キミ、細かいねぇ?

キーの打ち間違いですよ、単純な。
ご指摘の通り、「ポール」です。

もう先に早く寝なさい!
まだ帰られへんから。
Posted by taney at 2007年05月16日 21:51
あ、そうそう、今日、福沢諭吉、借りてきました。
Posted by うちゃん at 2007年05月19日 16:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3989257

この記事へのトラックバック