2010年05月21日

恨みはらさでおくべきか・・・

小学生の頃、私は出来たばかりの、とある公営施設に出かけたことがある。その時、公営施設の周囲を歩いていたら、通りとか家の前に横幕というか立て看板みたいなのがあって、こんなことが書いてあった。

「この恨み、はらさでおくべきか・・・」

家の前の看板に書かれたこの文句に、子供の私としてはとても怖い思いをしたことを覚えている。あれは、何なのか・・・。

当時その街に、新しい公営施設は作られた。誘致されたその理由は、ゴミ焼却場ができたからだ。

市だったのか、あるいは広域連合なのか知らないが、「この街にゴミ焼却場を作ろう」と、誰かが決めたのだろう。その見返りとして、公営施設が誘致されたのだ。

しかし実際にその街に住む人々の何人かは、公営施設なんぞで誤魔化されなどしなかった・・・というわけだ。その結果が、街にあふれる、あの看板。

だが、そこに住む人たち以外は、そんなことを理解もしなかったし、もちろん手を合わせて感謝するということもなかったはずだ。私も、私の親も、その焼却場の恩恵にあずかっていたはずだが、たぶん親は、そこにゴミ焼却場ができたことさえよく知らなかったようだし。

まぁ、他人の痛みなど、その程度だ。

それと、これはあくまで私の憶測に過ぎないのだが、当時としても様々な異なる思いがあったはず。

「ゴミ焼却場もやむを得んな・・・」「公営施設ができるなら、まぁ認めてもいいか・・・」「ゴミ焼却場関連で、新しい儲け話があるかもしれんなぁ」・・・。

そんな思いもあったのではないかと思うけど、「この恨み、はらさでおくべきか」という看板の主張のインパクトの前に、全ては隠されてしまっていたのではないかと思う。あくまで私の憶測、下種の勘繰りだが・・・。

話題を変えよう。

わが家の近くに「墓地反対!」と書かれた看板がある。もうちょっと行った別の場所には「葬儀場、進出反対!」という看板が立っているところがある。

まぁ、人間誰しも必ずお世話になるところなのだが、それでも反対する声は多い。私自身、近くにできるのは嫌だなぁと思う。正直な気持ちとしては。


ゴミ焼却場、メモリアル施設、そして・・・・・・米軍基地。


普天間問題をニュースで取り上げるたびに、私は小学生時代に見た、あの看板を思い出す。あの看板は、今、どうなっているのだろうか? もう撤去されたんだろうな、きっと。だとしたら、いつ、どんな経緯で撤去されたんだろう?

ゴミ焼却場に恨み骨髄だった人たちは、今、どんな思いでいるのだろう?

おそらく35年以上は経過して、風化した恨みもあれば、休火山のようにただ心の奥にしまわれただけの恨みもあるだろう。うまく儲けた人も、ひょっとしたら、いたかもしれない。その記憶は、もう薄れかけているかもしれない。だから今、聞くべきだと思う。

風化した恨みも含め、儲かったような気がするという薄れた記憶も含め、いろんな思い出話を聞いてみる価値はあるような気がする。

「基地とゴミ焼却場を一緒にするな!」という人がいるかもしれないけれど、住む人が忌避するという点においては、変わりはないはずだと思う。

少なくとも「コンクリートから人へ」と、一度でも謳ったことがあるこの国の政府・与党なら、こういった人々から「心の処理の仕方」について、もっと学ぶべきではないかと、私は思う。
posted by taney at 19:46| Comment(2) | TrackBack(1) | 時事
この記事へのコメント
私、過去に、とある女性から表題と同じ手紙をもらった事があります。
Posted by mizocchi at 2010年05月24日 09:25
昔からテカテカしてる人やったんやね。。。
Posted by taney at 2010年05月24日 11:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38432891

この記事へのトラックバック

知っとくと便利な葬儀のこと
Excerpt: この葬儀について解説したサイトです。
Weblog: 知っとくと便利な葬儀のこと
Tracked: 2010-05-25 10:58